Strategy for Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Strategy for Life

サラリーマンのため投資、お得情報

サラリーマンの僕が株式投資で失敗したこと

f:id:lifecolor:20170204000230p:plain

ぼくは株式投資をする上でとにかく損をしないことを重視してきた。これは今でも変わってない。

そうなると、投資先を選定する基準はなるべくリスクを抑えた会社を選ぶことになる。リスクを抑えるために成長が見込まれる会社に投資するのではなく、安定した収益を生んでいるが割安で放置されている株に投資してきた。そもそも自分の会社の業界以外の会社のことなんて良くわからないし、勉強したところでその業界で働いているには敵わないと思ったからだ。そういう考えに至るまでに株式投資で失敗したことや、こうすればよかったというものを紹介する。あくまでもぼくの経験上のことなので適当に読んでほしい。

短期売買

 株式投資を始めたころは僕も短期売買を繰り返し行っていた。短期売買は短期間でかなりの利益が出ることがあるがその分リスクもある。最初は僕も運よく儲かったのだが、すぐにその分を吹き飛ばす損失を食らってしまった。どうしても短期売買となると常に変動する株価に注視しなければならないので精神的にもきつかった。サラリーマンで稼ぐ給料の何か月分が一瞬で動くのだから、精神的に強い人しか短期売買には向いていない。「短期売買でうん億円儲けた」などという本があるが本当に一握りの人なのではないだろうか。短期売買ははっきり言って運が強い。株価は上がるか下がるかだけなので一か八かなのである。

 

例えばコインを投げて表か裏かを当てるとしよう。5回連続で言い当てる確率は32分の1だ。短期売買で成功している人もこれと同じことが言える。当たる確率は低いが、当たる人もいる。短期売買で成功している人はこのようにただ運がいい人たちなのではないだろうか。

それに短期売買をする際は大きな金額を動かし、その差額で儲けるという方法なので、取引銘柄は出来高が多く、株価の上下が大きい銘柄になる。そういった株は割高でリスクが高く、一時的に取引が過熱していることが多い。取引が過熱した株はいずれは、加熱が収束する。その際にうまく売り抜けることがいいが、そのような株は実際の実力で上がったものではなく、一時のバブルのようなもので上がっているのでなかなかその後の上昇は難しい。

常にリスクとリターンは一致しているということを理解しておかなければならない。

 

一点集中

以前は投資銘柄を一つに絞って投資していた。これは儲かったのだが、後々考えると、リスクと機会損失が大きかったと思う。1つの銘柄に絞って投資することはとても危険なことはすぐにわかると思うのだが、機会損失も大きかった。

例えば、投資対象になりえる銘柄が5つあったとする。これをさらに絞るのではなく、これらの銘柄に分散投資したほうが効率がよかったと思う。というのも株が上がるタイミングが読めないのである。業績の上方修正や自己株取得などのニュースが発表されれば、高い確率で株価は上昇するのだが、他の投資家もそれを狙っているということを忘れてはいけない。株価もそれを織り込んでいる場合もある。人は投資をする際に、自分の持っている企業の株にいい評価を与えるという習性がある。自分が絶対にこの株が上がると思っていても、かなりの主観的な判断にすぎないのだ。それより上がりそうな株を複数選び、分散して投資したほうがより効率的な投資成績が得られると思う。投資銘柄を増やし、上昇する銘柄を当てる確立を物理的に上げたほうが、理にかなっているのだ。実際にぼくも投資を検討したが実際に投資をしなかった株が上昇し、実際に投資をした株が下降することがあった。こうなるので、両方ともに資金を投入すべきなのだ。

 

配当重視の投資 

 配当金は株主にとってもおいしいものだが、これを重視しすぎるのも機会損失につながる。配当金を出していない企業は経営が思わしくないと考えて間違いない。なので配当金を出していない企業は投資対象から外したほうが無難だ。配当の有無が大事なのであって、多くの配当金がもらえる投資先を選ぶのは効率が悪い。配当率のなんて多くても4~5%ではないだろうか。株の値動きで4~5%なんてすぐだ。ぼくも配当を重視してしまい、実際の株価はさえずにもったいないことをしたことがあった。株価の差益を狙ったほうが効率が良かった。