Strategy for Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Strategy for Life

サラリーマンのため投資、お得情報

サラリーマンが株式投資をやるべき6の理由

f:id:lifecolor:20170131173103p:plain

長期期間に渡って投資ができる

サラリーマンが株式投資をやる上で、最も大きなメリットは時間をかけて株式投資ができることだ。一方で、株式市場で最もお金動かしている機関投資家はこれができない。機関投資家は常に一定期間で一定の利益をあげることが求められる。最先端の技術を使い、大量の情報を用い、すごく優秀な人材が集まる機関投資家でもできないことが個人投資家なら誰でもできるのである。資本主義経済はどんな時でも成長してきたという歴史的事実がある。つまり、株式市場はリーマンショックなどの世界経済を巻き込むような事象が起こったとしても株式をずっと持っていた人たちは得をしているということだ。実際の市場では、多くの機関投資家たちが日々効率的に利益を得ることを求めて競い合っているが、個人投資家はこの争いに参加する必要がない。いつ何が起こるかわからない株式市場ではタイミングを図ることは難しい。ただ買って待つという、個人投資家にしかできないことをやることが成功する一歩かもしれない。

複利の効果が活かせる

 儲けた利益をさらに投資に回すことでさらに多くの利益を得ることができる。つまり長期投資ができることによって複利の効果を最大限に利用できるのだ。

 

100万円を年10%で30年運用した場合

単利だと400万、複利だと約1700万になる。差額が1300万にもなる。

 

『数学における最も偉大な発見は複利である。』 アインシュタイン

 

余裕資金で株式投資ができる

 サラリーマンは余裕資金で株式投資を行うことができる。顧客からお金を預かって運用する機関投資家とは違い、株価が下がろうが、誰からも文句を言われることない。自分のお金でしかも余裕資金なので買って放置ができる。無駄に気にする必要もないし、頻繁に売買もする必要がない。

定期的な収入がある

 サラリーマンは働いている企業から毎月給料をもらうことができる。会社の業績が傾いて、ボーナスが減ったりすることもあるだろうが、ほとんど毎月変わらず給料日には給料がもらえるであろう。これは投資をする上で、精神的な安定をもたらしてくれる。投資先の企業の株価が下がっても、生活に支障をきたすことがない。定期的な収入があることで、定期的に資金を投入することができるので、取得単価の平均化ができる。市場は常に上下に動いているが、定期的な資金投入で、市場の利益を享受できるである。

株式投資は片手間でできる

 株式投資をするには時間をかけて投資したほうがいいが、投資先をいったん決め、個人投資家は株を買ったらひたすら待つだけで、何もやることはない。投資先の会社が利益を出すために頑張るのだ。これは資本主義経済の仕組みなのだ。オーナーである株主は投資先を選んで投資するだけなのでサラリーマンでも片手間でできる。

節約ができる

 節約はもっとも簡単にできる投資である。これは誰にでもできるし、簡単だ。年収300万の人が月1万で年12万の節約をすると、3.3%の利回りで運用したのと同じ利益が上がる。節約したお金を投資に回せば、さらに利益が上がる。節約を早く始めた人が得をするのは言うまでもない。