Strategy for Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Strategy for Life

サラリーマンのため投資、お得情報

財務諸表の読み方 キャッシュフロー計算書で会社の将来性を見る

 キャッシュフロー計算書とは

その会計期間で実際にいくらの現金の増減があったのかを示す財務諸表のこと。

 

キャッシュフロー計算書は営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの3つのセクションに分かれている。

 

f:id:lifecolor:20170113103138p:plain

 キャッシュフロー計算書はなぜ必要か

 キャッシュフロー計算書はなぜ必要かというと損益計算書の利益と実際のお金の流れが違うからである。

売上が上がった時に利益が上がるのだが、売上金をそのまま現金でもらえるのではなく売掛金でもらった場合、売掛金を回収するまで現金は一切手に入らない。利益が出ていても、未回収の代金が膨らんでいけば現金が手に入らず、資金繰りがうまくいかなくなる。

資金繰りがうまくいかなくなると、支払期日までに資金調達ができず、相手先への支払いができなくなることがある。通常だったら、金融機関に融資をしてもらい資金を調達すればいいのだが、財務内容や業績が悪かったら融資は厳しいかもしれない。

もし支払期日までに資金調達ができず、相手先への支払いができなくなったら、倒産へ続くのである。

なぜ、倒産になるのかというと銀行取引停止処分になるからである。銀行取引停止処分になると、企業の信用の失墜、融資だけでなく費用の支払いや売上の受け取りが停止されるので企業経営が実質できない状態になるだ。

企業経営には銀行との取引は欠かせない。

 

またキャッシュフロー計算書は実際のお金の流れを表した物なので、経営者の裁量が入る混む余地が少ない。損益計算書は経営者の裁量で操作できる部分があるので、キャッシュフロー計算書と合わせて読むことが欠かせない。

 

キャッシュフローの概要

営業活動によるキャッシュフロー プラスが正常

 営業活動によるキャッシュフローは企業活動をするうえで現金がいくら増減したかを表す。

 営業活動によるキャッシュフローは通常はプラスになっている。企業が継続的にキャッシュを得ることができるのは営業活動を通じてだからだ。なので、ちゃんと利益が出ている企業は営業活動によるキャッシュフローはプラスになる。

マイナスになっている場合は、製品在庫が多くなっていたり、未回収債権が多くなっていたり、そもそも売り上げが下がっていたり、企業経営が危ない状況にあると言っていい。

 

 

投資活動によるキャッシュフロー マイナスが正常

 投資活動によるキャッシュフローは設備投資などの投資に関する現金がいくら増減したかを表す。

企業が継続して成長するためには設備投資などの投資活動は欠かせない。 企業は営業活動で得たキャッシュを投資活動に回すというのが正常な企業活動なので、投資活動によるキャッシュフローはマイナスになっていたほうが将来性があると読み取れる。

  プラスになっている場合は、固定資産や有価証券の売却で資金を得なければならないほど資金調達に窮している可能性がある。

 

財務活動によるキャッシュフロー マイナスが正常

財務活動によるキャッシュフローは企業が資金調達のための財務活動に関する現金がいくら増減したかを表す。 

銀行からお金お融資してもらったり、社債発行して資金を得たり、配当金を支払ったりと財務活動のキャッシュ増減なので、プラスになっていると返済しているお金より借りているお金が多いということになるので、正常ではない。

 

株式投資をする際キャッシュフロー計算書で見るべきポイント

 1.フリーキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローがプラスで、投資活動によるキャッシュフローがマイナスで、かつ2つを足し合わせた額がプラスになることが望ましい。というのも2つを足し合わせた額をフリーキャッシュフローと呼ぶのだが、このフリーキャッシュフローがマイナスだと企業が活動で得るお金より、存続を維持するお金の方がかかっているということになる。企業の経営状態が正常ではないのだ。

 

 2.損益計算書の利益と営業活動によるキャッシュフローの差

損益計算書の利益と営業活動によるキャッシュフローの差が激しい場合は注意が必要。損益計算書の営業利益が継続して黒字であっても、営業活動によるキャッシュフローがマイナスの場合は、製品在庫を多く抱えているか、債権を多く抱えているかが原因だと思われる。製品はその後売れれば問題ないし、債権も回収できれば問題ないのだが、徐々に増えていっている場合は、今後製品が売れ残り、債権回収が滞る可能性が高くなる。また、今では融資をする銀行もキャッシュフロー計算書を重視しているので、営業活動によるキャッシュフローのマイナスが続くと貸し剥がしに繋がる恐れがある。不良債権に繋がりかねない債権は銀行としてもはやく回収したいと考えるのだ。こうなると一気に倒産に近づいてしまう。