Strategy for Life

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Strategy for Life

サラリーマンのため投資、お得情報

NISAのメリット、NISAのデメリット。投資初心者でもわかるように

投資

まったくの株式投資初心者にNISAという制度の詳細、メリット、デメリットわかりやすく紹介する。

NISA = ニーサとは、少額投資非課税制度のことである。

 

制度概要

本来だったら株式や投資信託を買って、売るとき売却益があれば税金20.315%がかかる。また株式、投資信託からの配当金にも税金20.315%がかかる。

NISAは非課税投資枠を年間120万円設け、最大で5年間この120万で買った株式の売却益、配当に税金はかからないという制度である。

120万の売却益、配当が非課税になるのわけではないので注意。

【例】

120万円で買った株を、その年にその株が300万円になったので売ったとする。

300万円-120万円=180万円が非課税となるのでそのまま180万が手に入る。

NISA以外の口座だとこの180万円に20.315%の税金がかかるので

180万✖20.315%=365670円が税金として引かれ、1434330円が手取りとなる。

 

f:id:lifecolor:20170121215121p:plain

ロールオーバー

2016年分の枠で5年運用して、運用期間終了後の2021年にさら2021年分の枠120万円を使って、2016年分の資金をNISAを使って引き続き運用を行うことができる(これをロールオーバーという)。ただし、NISAの1年間の上限は120万円なので、はみ出た部分は売却、もしくは通常の口座に移さなければならない。

【例】

2016年に120万で株買って、5年後の非課税期間の終了時(2021年)の時価が140万になっていた場合、選択肢は3つある。

1つ目

売却して20万円の利益を得る。

2つ目

売却せずに保有を続ける。この場合、時価の140万で通常口座に移管される。

3つ目

 ロールオーバーする。2021年分の枠の120万まで株を売却するか、通常口座に移管して、2021年以降もその120万円を引き続きNISA口座で運用する。

制度の背景  

  • 一つ目に将来のための資産作りの促進である。NISA導入をきっかけに、若い世代をはじめとする人々が、将来に向けた資産形成に取り組むことが期待されている。財源の問題で年金受給ができる年齢の引き上げ、年金支給額の引き下げという流れが今後拡大する可能性がある。資産作りを個人にも行ってもらおうという政府の思惑があるのである。
  • 二つ目は、経済成長に向けた家計の金融資産の有効活用である。日本は他の先進国に比べ、金融資産のうち現金預金が占める割合高い。国内において家計全体が保有する金融資産は1700兆円に上るが、そのうち預貯金が占める割合は半数以上である。政府は家計から企業への資金供給が拡大し、起業や新産業の育成なども含めて日本経済の成長につながると考えている。

 NISAのメリット

投資枠内で投資した分が非課税となることにつきる。

NISA口座以外では売却益、配当金に20.315%の税金がかかるNISA口座では全くかからないのである。5年間の非課税期間をフルに生かし、最後の5年目で売却して、売却益も非課税で受け取るというのが理想である。

 

 

 

 NISAのデメリット

損益通算ができない

NISA以外の口座なら投資での利益と損失を相殺できるが、NISA口座での投資で運用益が発生した場合、損益の相殺ができない。

 

【例】

ある年にA証券でNISA口座以外の口座で運用益が100万が発生し、B証券でNISA口座以外の口座で運用損が100万が発生したとする。

この場合利益と損失が相殺され、税金は発生しない。

 

しかし

 

ある年にA証券でNISA口座以外の口座で運用益が100万が発生し、B証券でNISA口座で運用損が100万が発生したとする。

この場合運用益100万に対し、20.315%の税金がかかる。

 

 

3年間繰り越す損失繰越ができない

 

【例】

ある年にA証券でNISA口座以外の口座で運用益が50万が発生した。

次の年に>A証券でNISA口座以外の口座で運用益が50万が発生した。

さらにその次の年にNISA口座以外の口座で運用損が100万が発生した。

 

 この場合、損益通算し、運用益に対して発生した税金の還付を受けることができる。

 

 しかし

 

ある年にA証券でNISA口座以外の口座で運用益が50万が発生した。

次の年にA証券でNISA口座以外の口座で運用益が50万が発生した。

さらにその次の年にNISA口座で運用損が100万が発生した。

 

この場合、損益通算できない。運用益に対して発生した税金は帰ってこない。

 

非課税期間終了時の価格に要注意

【例】株価が上がっていた時

120万円で買った株価が、5年後その株価が140万円になってたとする。

 

そこで売却するのもいいが、そのまま課税口座へ移行する際その時の株価の時価が120万になる。

 

移行後売却する際の取得原価は140万になり、株価が160万になれば

160万ー140万=20万円が課税対象になる。

 

 移行後も株価が上がりそうなら保有するほうが得である。

 

【例】株価が下がっていた時

NISA口座で120万円で買った株価が、5年後その株価が80万円になってたとするとそのまま課税口座へ移行する際、その時の株価の時価が80万になる。

 

その後株価再度上昇し、120万になると

120万ー80万=40万が課税対象となる。

 

もともと120万で買った株を、120万で売ったにも関わらず税金がかかるのである。

 この時ロールオーバーしてその年の120万の枠に移行することができるので、

5年運用後の80万+新規の40万をその年分としてNISA口座で運用することもできる。

 

 NISAのおすすめ活用法

 私が投資初心者におすすめの投資方法はNISA口座でEFT(上場投資信託)の運用である。

 

EFT日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて動く商品などがあり、株のように投資先の会社を選ぶ必要がない。初心者でも簡単にでき、多くの利益が出ないが、多くの損失もでない。

 

間違っても費用が多くかかる投資信託はやめておいたほうがいい。

 

非課税期間の5年経過して利益がでてれば売却すればいいし、損失が出ていたらば売却せずにロールオーバーすればいい。その間に受け取る配当金は非課税なのだから、NISAのメリットは十分享受できる。評価損がでていても、定期的に資金を投入し続けることで取得原価を平準化できる。

 

NISA口座であっても長期保有で、資本主義の果実を得ていくことをおすすめする。

 

しかし、そうはいってもより多くのリターンも狙いたい方は東証一部の個別株を検討する必要があるので、勉強しつつ、少しづつ投資していくのもいいと思う。